浜松町・大門駅より駅近。港区の整体、BodyTherapy(ボディセラピー)浜松町整骨院。意外と知らない自分の身体・・皆さんはお気づきですか?

<< GWのお知らせ | main | 腰痛でお困りの方へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
腕の疲れや痛みって・・・??
JUGEMテーマ:健康
 
腕の疲れや痛みって・・・??

肩こりや首の痛みはよく耳にしますが、腕こりがあるのはご存じですか?

腕の疲労は意外と自覚症状が無く、うっかり見落としがちですが、放っておくとやっかいな症状にもつながるのです。
腕を酷使するお仕事はもちろん、デスクワークの方もかなり疲労してます。


【原因・・・】

○デスクに腕を置く姿勢、つまり肘を曲げているだけで二の腕の筋肉は緊張しています。

○キーボードを打つ動作、つまり指を動かす動作で前腕の筋肉はかなり使っています。

 これらの姿勢は腕を内側に捻って使用していることになります。


 
この姿勢が続くと


脇が開く姿勢になり


肩に持続して力が入る


肩が体幹より前に出る


猫背姿勢の出来上がり!!


 
姿勢が悪くなることで腕の疲れや肩こりにつながります。
 
【症状・・・】

○肩こり
○冷え、むくみ
○頸椎症、胸郭出口症候群(腕に痛みやしびれ感)
○握力低下

これらは腕のこりがひどくなることによって、姿勢が悪くなり肩と頭が前に出る姿勢から引き起こされる症状です。

筋トレ等で筋肉を強く緊張させれば疲労や筋肉痛で自覚しますが、腕こりはそれほど皆さん自覚がありません。
何故なら通常のデスクワークでは筋肉の緊張が弱いからです。
しかし、弱い緊張も長時間反復させることによって筋トレ同等、もしくはそれ以上の疲労が蓄積されるのです。
自覚が出る頃には相当の『腕こり』が仕上がってます!!

【改善・予防】

日常生活では腕は体幹より前に出して使うことが圧倒的に多い為、伸ばす筋肉より曲げる筋肉が凝ってしまいます。
二の腕で言えば力こぶを作る上腕二頭筋、前腕で言えば握る時に力が入る屈筋群と呼ばれるところが疲労します。
それらを中心としてストレッチを行った方が良いでしょう。
例として・・・
肘を伸ばした状態から手首を甲側に反らす。これは腕の内側を伸ばします。
反対に手首を手の平側に曲げる。これは腕の外側を伸ばします。

二の腕は肘を伸ばし、腕を大きく広げた状態で胸を開くように少し後方へ広げます。これは上腕二頭筋を伸ばします。

当院では患者さんの普段の姿勢を確認し、本来の正しいポジションに導けるように筋肉をほぐした後に、ストレッチや運動療法を加えながら、深層部の筋肉にアプローチさせていただきますので、腕の疲れを感じてる方や腕こりは感じてないが興味のある方は是非一度ご来院ください。
 
| ☆★ 体ブログ ★☆ | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 15:16 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

PR

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

others

TOP